装う人の内面にある美しさをうつしだすジュエリー

パールシリーズ

パール=真珠は、山でとれる美しい石を“玉”、海でとれるものを“珠”といい、そこから名づけられたとされています。

パールに込められた意味

年齢に関係なく身に着けられ、とても馴染み深い宝石でもあるパール。いったいどんな意味が込められているのでしょうか。

宝石言葉に秘められる意味

パールの石に込められた意味には「健康・無垢・長寿・富・純潔・円満・完成」などがあります。

愛情の象徴

好きな人とを引き寄せあい、愛し合うというような意味合いを持ち、大切な家族や友人、仲間など身内に対する愛情の象徴です。パールのネックレスは、切れ目なく円を描くその形から、縁を結ぶとされ、多くの人に愛されてきたのです。

涙の象徴

パールは「月の涙」や「涙の象徴」ともいわれています。そのためか、ある国の女王が葬儀の際にパールを着用し、上流階級の婦人たちもそれにならったのがきっかけとなり、パールがポピュラーになったのだといわれています。

「涙の象徴」とされるパールを身に着けることは、故人や遺族への敬意の現れにもなるといえるでしょう。

商品ラインアップ

メニュー