出雲大社にある、「願いが叶うダイヤモンド」って?

由緒高きダイヤモンド

男女の仲はもちろん、子宝、仕事やお金など、様々な良縁を結んでくれる、最強のパワースポット「出雲大社」。毎年多くの参拝客が訪れるこの場所に、ある一粒のダイヤモンドが奉納されていることを知っていますか?

世界で10人しか作れない願いが叶うダイヤモンド

その名も“Wish upon a star”。

小さな星と大きな星、2つの星がカッティングされたこのダイヤモンドには特別なある想いが込められています。小さな星は「今」の自分、大きな星は「未来」の夢を叶えた自分と愛する人たち。

「今」を楽しみ、「未来」を切り開いていく、自分の夢や目標に向かって奔走する女性たちをそっと後押ししてくれる、お守りのようなダイヤモンドといっても過言ではありません。

ロマンティックな想いが込められた“Wish upon a star”ですが、2つの星を映し出すというカッティングは世界で10人ほどのトップクラスのマイスターにしかできないもの。熟練した職人による高度なカッティング技術は、世界でただひとつのプレミアムカットです。

ダイヤモンドはもともと星だった…

しかも、ダイヤモンドってもともと星だったという謂われも。なんと、地球最古のダイヤモンドは地球誕生の際、宇宙空間から巻き込まれたものだと言われているのです。それが50億年も前の話しですから、ダイヤモンドはそのもっと昔から宇宙空間を漂っていたというわけです。

最近、体積の1/3がダイヤモンドでできた星が地球の近くで見つかったというニュースもあり、どうやらそれは事実のよう。

フェスタリアだけのオリジナルカット

さて、この“Wish upon a star”が出雲大社に奉納された2014年は、60年に一度、神様から特別なご利益(おかげ)を授かることができるとされている「おかげ年」。実際、過去には景気が好転した、婚姻率が上昇した、など社会現象も起きたと言われているほど。そんな特別な年に奉納された由緒高きダイヤモンドが“Wish upon a star”なのですが、じつはコレと同じものを、実際に購入することができるんです。

というのも、こちらを奉納しているのはフェスタリアというジュエリーブランド。
“Wish upon a star”は世界でオンリーワンの「フェスタリア」だけのオリジナルプレミアムカットダイヤモンドなんです。

頑張った自分へのご褒美に、もしくは彼におねだりしてみるのもありかもしれませんね♪

美しいお守りとして⾝につける

フェスタリアのプレミアムカットダイヤモンド“Wish upon a star”と“新進気鋭アーティスト小松美羽さん”によるコラボレーション作品が2014年5月11日に縁結びの神様として有名な「出雲大社」に奉納。

美しい銅版画家として鮮烈にデビューした小松美羽さんと“Wish upon a star”との出会いによって導かれ。このコラボレーション作品は、陰陽の陰を司る出雲の常世の神木、広大な宇宙をイメージ。そこに描かれる大きな瞳の奥で輝くのが「夢を叶える、星のダイヤモンド」“Wish upon a star”です。出雲大社“おかげ年1年目”に掛けて1カラットの“Wish upon a star”ダイヤモンドが輝きます。

背景には「人が忘れてしまった大宇宙の根源的な パワーを作品に込めたい」という小松美羽さんの強い想いがありました。星のダイヤモンドの輝きは出雲で感じられた闇の中に溢れるたくさんの色と粒と同じ。地球最古のダイヤ モンドは地球誕生の際、宇宙空間から巻き込まれたもの。星だったかもしれないダイヤモンドのパワーを 加えることでこの作品の力を無限のものにしたかったと語られています。

遷宮翌年となる 2014 年は「おかげ年」。神様から特別なご利益(おかげ)を授かることができるとされてい る特別な年。このコラボレーション作品を通じ、これから千年、そして永遠に“Wish upon a star”は出雲大社宝物殿 1 階の正式参拝受付所において輝き続け、多くの人に愛と夢をお届けしてまいります。

Wish upon a star コレクション

メニュー