心とからだに優しいピンクトルマリン。神秘的な輝きが幸運を招くオパール。

ピンクトルマリン

[宝石言葉]
歓喜 寛大 安楽 貞節

[特徴]
絵の具のパレットのように、カラーバリエーションが豊富なトルマリン。珪酸塩鉱物に属するこの宝石は、アルミニウム、鉄、マグネシウムなどを含み、その成分の種類によって色彩が変化します。中でも「恋愛運を高める石」として人気の高いジュエリーが、柔らかな赤の色相が美しいピンクトルマリン。その澄んだ優しい色合いを身につけると、高貴な女性のイメージを印象づけることができます。

[言いつたえ]
 古くからネイティブアメリカンに、大自然のエネルギーをもたらす石として尊ばれてきたとされるトルマリン。和名 “電気石” が表すように、熱や圧力によって電気を生じ、マイナスイオンを発生させるため、その力は健康分野等で幅広く活用されています。清浄・ヒーリング効果があることから、持ち主が一歩前進したい場面で、不安や消極的な気持ちを解消し、勇気を与えてくれることでしょう。

オパール

[宝石言葉]
希望 無邪気 潔白 幸福

[特徴]
光の当たり方や見る角度によって、幻想的な虹色の表情を見せるオパール。水面で反射する油膜のような輝きは、オパールを構成する微粒子が光の干渉を受けて色を変化させる“遊色効果”という現象です。オパールという名はサンスクリット語で「宝石」を意味する“upala”に由来し、和名は“蛋白石”。地色の違いによって、ピンクオパール、ホワイトオパール、ブラックオパール等、様々な種類があります。

[言いつたえ]
 古代ローマにおいて、オパールは“他の宝石にある性質を全て併せ持つ”として「幸運を招く石」と考えられていたようです。持ち主の隠れた才能を開花させてくれるパワーを持つ石とされ、身につけると仕事や学習等で斬新なインスピレーションが生まれ、創造力が高まるといわれます。オパールは、神秘的な虹色の輝きにより、あなたの秘めた魅力を華やかに引き出してくれるジュエリーです。

商品ラインアップ

メニュー